驪妃(りひ)40話41話42話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第40話ネタバレ「平和の陰で」

執拗に驪歌(りか)への復讐を企む沈楽清(しんらくせい)は孫(そん)太妃から盗んだ陸遠(りくえん)の手紙を見せて謝顥と取引。一方、驪歌は彭城(ほうじょう)王と二人だけで改めて婚儀の続きを行い甘い夜を過ごす。その後、彭城王はあえて謝顥(しゃこう)を出世させ新政を手伝わせることで名族の牙城を崩そうと動き出す。また、沈楽清は沈(しん)夫人に近づくと自分こそが娘の嘉寧(かねい)だと信じ込ませ…。

謝家。

沈楽清は孫太妃から盗んだ陸遠への手紙を謝顥に見せて脅す。

さらに街で出会った薛逑を差し出した。

沈楽清は二人と手を組み沈家を追い詰める策略を立てる。

知鑑殿。

流民や名族が有する私兵を調べ、全て戸籍に記載することになった。

名族に占領された土地は民に配り新たに税制を定めるのだ。

彭城王は着々と新政を進めていく。

しかし彭城王の予想を遥かに超える規模の違反が見つかった。

そこで方清がミスをしたように見せかけ、謝顥に糾弾させる。

彭城王は「そんなに言うなら謝顥が適任だな^^」とすべての調査を押し付けた。

このまま新政がうまく行けば、名族は謝顥から離反する流れになる。

船。

上巳節の夜、驪歌と彭城王は思い出の船で2人だけの婚礼を行った。

愛を誓い、契りを結ぶ。

その後、驪歌は沈夫人になんとか思い出してもらおうと策を練る。

しかし腕輪を見ても沈夫人の記憶は戻らなかった。

寺。

沈夫人は寺へ出かける。

そこに沈楽清が接近。

隣に座り「赤子のときにさらわれました、両親が見つかりますように」と聞こえるように祈った。

沈夫人は沈楽清の口ずさむ詩を聞いて、嘉寧だと勘違いしてしまう。

陵墓。

孫太妃は竟陵王、春芳、陸婉とともに陵墓で暮らしている。

彭城王を傷つけた後悔を語り、竟陵王に「早く戻って償ってほしい」と頼んだ。

寺。

沈楽清を嘉寧だと思い込んだ沈夫人は足繁く寺に通うようになる。

沈楽清は「娘だと名乗り出たが驪妃に邪魔をされた、父が戻れば屋敷へ行く」と嘘をつく。

そして沈廷章と沈植のために写経をし、お寺に持ってくる時に会いましょうとそそのかした。

その頃、重症を負っていた薛逑が意識を取り戻した。

謝顥は敵討ちを望む薛逑を動かし始める。


感想:人はそう簡単に変わらない

お母ちゃんほんとに会心した?人はそう簡単に変わらないし、三つ子の魂百までだから疑いが消えないぞ( ˆoˆ )

それにしても処理する事項が多すぎる。

黒幕の黒幕はまだ出てきてないし、謝顥は野放しだし、薛逑は復讐に燃えてるし、沈楽清は着々と悪巧みしてるし、新政はうまいこと進まないし、あれれ?あと13話くらいしかないぞ?

ていうか陸遠が死んだ途端にラブコメし始めてちょっと引いてる。

オウムにアイシテルって言わせたり…なあ?

第41話ネタバレ「卑劣な復讐」


沈楓(しんふう)は朝臣たちが沈(しん)家に不満を抱いていることに腹を立て、沈(しん)夫人が写経ばかりしていることを心配する。また、沈夫人を騙して娘・嘉寧(かねい)のふりをする沈楽清(しんらくせい)は、沈夫人の写経を受け取るとある手紙を書き始める。一方、沈家に戻った驪歌(りか)は戦場から帰還する沈廷章(しんていしょう)と沈植(しんしょく)を迎える準備をする。だが、沈夫人に冷たい態度を取られ…。

沈家。

執事の周正も、王子衿も沈夫人の異変に気づく。

しかし沈夫人は沈楽清のことを明かさない。

寺。

その日も沈夫人は沈楽清を嘉寧だと思い込んだまま写経を届けた。

沈楽清は写経の字をまねして、ある文を書く…

王家。

王子衿は沈植のために衣を作る。

そしてついに父 王勉から「結婚させる」と許可をもらう。

宿場。

沈廷章と沈植は国境での任務を終え建康に向かっていた。

そこに沈夫人からの文が届く。

「未央湖で集い、一家で凱旋を祝いましょう」

未央湖は沈廷章と沈夫人が出会った思い出の場所。

沈廷章は疑うことなく未央湖へ向かった。

沈家。

驪歌は父と兄を迎えるため実家へ里帰り。

母の出迎えを期待するが、沈夫人は「会いたくない」と部屋から出てこない。

驪歌が会いに行くと冷たい態度を取られた。

王子衿も沈植を出迎えるため美しく着飾る。

手には沈植手作りのかんざしが。

「やっと帰ってくる」

未央湖。

沈廷章と沈植は薛逑の作った罠にかかり重症を負った。

薛逑は沈植を人質に取り、沈廷章を脅す。

沈植は同心結びを王子衿に…と差し出すと、自ら首を切って自害する。

息子に駆け寄る沈廷章。

薛逑はその背後から沈廷章を剣で貫いた。

薛逑は現場に許詹の佩玉を捨てていく。


感想:(‘∵`)

ぇ(‘∵`)(‘∵`)(‘∵`)

フリーズ中につき少々お待ちを(‘∵`)

え(‘∵`)??????????????

そんなことある!?ここまで来てそんな事ある!??いや父上には死亡フラグたってそうだな〜と書いたことはあるよ、ずっと思ってたよ!だからって沈植も一緒に!?

しかも沈夫人が原因を作ったようなもんでして…ゾワッ

さすが王女未央のスタッフ陣だ…平穏になれさせておいてここで強烈なフックが飛んできたぜ…

どうするんだよこんなことして…なんてことするんだよう。

第42話ネタバレ「沈家の悲劇」


沈廷章(しんていしょう)と沈植(しんしょく)を出迎えに行った沈楓(しんふう)は何者かに殺された二人の亡骸を見つけて自宅に連れ帰り、驪歌(りか)と王子衿(おうしきん)はあまりの出来事に愕然とする。こうして一家団欒の時を過ごすはずだった沈(しん)家は悲しみに包まれ、この知らせはたちまち彭城(ほうじょう)王、竟陵(きょうりょう)王にも伝わる。そして、沈家に駆けつけた彭城王は涙を流して復讐を誓う驪歌を慰めて…。

未央湖。

父と兄の到着が待ちきれなかった沈楓は郊外まで迎えに出る。

しかしそこで見つけたのは2人の遺体だった。

沈廷章は沈植を抱きかかえたまま事切れている。

沈家の屋敷。

沈楓は2人を荷車に乗せ泣きながら屋敷を目指した。

その様子を沈楽清がほほえみながら見ている。

異変に気づいて外に出た驪歌と王子衿。

驪歌は遺体にすがって泣き、王子衿は意識を失う。

「一家団欒すると誓ったのに…」

彭城王府。

その頃、彭城王は沈植と王子衿の婚姻を許す勅命を書いている。

そこへ沈親子が罠にはめられ亡くなったと知らせが入った。

陵墓の竟陵王も知らせを受けすぐに建康へ。

未央湖。

驪歌と沈楓は手がかりを求め未央湖へ急ぐ。

しかし雨が降り出し、罠以外の痕跡はほぼ消えてしまった。

沈家。

彭城王が駆けつけ驪歌は泣き崩れる。

沈夫人には二人の死を伏せることになった。

驪歌は陸遠の死で沈家に恨みを持った薛逑の仕業だと考えた。

復讐に向かおうとする驪歌を彭城王は止める。

彭城王は薛逑が黒幕に利用されたと考えていた。

寺。

葬儀の日。

驪歌は母を寺に出かけさせる。


感想:佩玉は誰の?

薛逑が現場に置いていった佩玉は誰にものなんだろう?

罪を着せるんだから、彭城王側の人間がいいよね。

仲間内で揉めてくれれば外から切り崩しにかかるのも簡単だし。

なんかやあね、恨みが恨みを呼んで永遠に終わらない。

許せたらいいけど人は簡単に人を許せないし。

いや、まてよ。リカちゃんは師匠を許していたな。

でもそれは少なからず愛情に触れていたからであって、陸遠&薛逑は別か。

陸婉は彭城王たちが敵だと吹き込まれているけど、どうにか改心してほしい。

恨みは何も産まないわよ。

次回、43話44話45話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。