驪妃(りひ)46話47話48話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第46話ネタバレ「反乱者たち」

沈楓(しんふう)と梅綺(ばいき)は沈家を訪れた王勉(おうべん)と酒を酌み交わす。その後、沈楓は彭城(ほうじょう)王からの命で荊州に向けて出発、その後を梅綺が追いかける。そんな中、荊州、陳郡、彭城で新政に反対する民衆の反乱が起こったと建康に知らせが届き、謝顥(しゃこう)が朝議で新政を打ち切るべきだと上奏する。また、王勉もそれに追随して彭城王は孤立してしまうが…。

沈家の屋敷。

沈夫人は嘉寧閣の掃除をし、驪歌に「ここはあなたのために用意した場所」と微笑む。

驪歌はやっと母の暖かさを取り戻した。

郊外。

将軍家を継いだ沈楓は彭城王から命を受け荊州に出発する。

梅綺は「何でも言うこと聞くから連れてって!」と沈楓に懇願。

沈楓は根負けして連れて行く。

三玖堂。

陳少巽と空城は謝顥の動きを見張っている。

名族が集まり絵に押印していたと報告を受けた驪歌は、それが盟約書ではないかと考えた。

陳群、荊州、彭城の名族が建康に集まっているようだ。

それらはすべて新政を試行している土地。

驪歌の読みは当たり、反乱の知らせが届く。

彭城王は自ら調査に向かおうとするが、罠だと止められる。

そこで竟陵王を荊州へ向かわせ調査させることにした。

謝家。

謝顥は反乱の成功を名族たちと祝っている。

「これで新政は破滅だ^^」

しかし竟陵王が調べに向かったと知らせを受け焦りを見せた。

計画では彭城王が荊州へ向かうはずだったからだ。

謝顥は皇帝への上奏を急ぐ。

知鑑殿。

謝顥は「民が新政に強く反対し田畑に火を放った、死傷者は1万名、新政を打ち切るべき」と進言。

そこへ王勉が現れ「変化はゆっくり起こすべき」と彭城王を諭した。

彭城王は激怒。

皇帝の裁可を待つ事になってしまう。

謝家。

話を聞いた驪歌は彭城王が謝韞之と共に謝家を訪れ、そのすきに盟約書を奪う計画を立てた。

謝仲は2人を歓迎し、謝顥も加わって食事が始まる。

驪歌は書斎に侵入して盟約書を探見つけ出した。

歓談していた謝仲は謝韞之が幼い頃に書いた絵を彭城王に見せるため書斎へ。

驪歌と遭遇してしまう。

驪歌は素直に盟約書を盗むため侵入したと白状。

孫である謝顥の悪事を明かした。

そして盟約書を謝仲に託して逃げる。

荊州。

竟陵王は荊州で調査をすすめる。

民の話では田畑が一晩で焼かれ中軍は民に暴行してきたというのだ。

それは偽の中軍による暴挙だった。

竟陵王は沈楓と梅綺の協力を得て、謝顥に協力した民の供述書を手に入れる。


感想:立ち直る

沈夫人が立ち直ってよかった。

だってほぼほぼ自分のしでかしで夫と長男が死んだんだから、長女が心配なだけで心を病んじゃう人が大丈夫なわけなくない?と思ってたんで。

驪歌が帰ってきてなかったら危なかったのかもね。

まあ傷を癒やすには長い時間が必要ですし、これからおいおいゆっくりね。

しかし平穏に暮らしてほしいけど、そうは行かない様子なのでそこはなんとか最後はハッピーエンドで頼みます(‘∵`)

第47話ネタバレ「名族の誇り」


盟約書を見て謝顥(しゃこう)が民衆の反乱を企てたと知った謝(しゃ)家の当主・謝仲(しゃちゅう)は謝顥と言い争いに。そして翌朝、彭城王府の庭で謝仲の遺体が発見される。また、荊州からの帰路で刺客に襲われた沈楓(しんふう)と梅綺(ばいき)は驪歌(りか)に助けられ、謝顥は皇帝への上奏文を王勉に託す。一方、実家を訪れた謝韞之(しゃうんし)は祖父が密かに自分に遺した手紙を見つけると…。

謝家書斎。

謝仲は孫の作った盟約書を見て愕然とした。

そこへ謝顥が来て言い争いになる。

「こんな孫はいない、先祖に合わせる顔がない、彭城王へ行き罰を求める」

しかし謝顥は聞く耳を持たない。

謝仲は孫を背後から殴って気絶させ、盟約書を持って彭城王府へ向かった。

彭城王府。

翌朝、庭の池で死んでいる謝仲の亡骸が見つかる。

側には謝韞之が幼い頃に謝仲が作った木彫りのおしどりが落ちていた。

謝家。

陸侊は駆けつけたときには謝仲が殺されていたと報告する。

仕方なく盟約書だけを奪って逃げたというのだ。

謝顥は祖父の死に関与していない。

祖父の死を受けても謝顥は考えを改めず、皇帝への上奏分を王勉に託した。

彭城王府。

昨晩、謝仲は木彫りのおしどりのことを彭城王に話していた。

2つのうち1つには謝韞之の秘密を、もう1つには謝仲から謝韞之への言葉を入れているらしい。

謝韞之は祖父の死にショックを受け、彭城王を問い詰めた。

彭城王は謝顥と一部の名族が盟約書に押印し、新政を阻むため試行地で反乱を起こしたことを明かす。

「そなただけが決められる」とおしどりを託した。

謝家。

沈楓が荊州から戻ると知らせが入った。

謝顥は帰してはならないと命じる。

陸侊たち刺客に追い詰められた沈楓と梅綺は崖から飛び降り河に逃げた。

梅綺は小さい頃のトラウマで水が怖いようだ。

沈楓は怖がる梅綺を抱きしめ「ずっと守ってやる」と約束した。

沈楓を狙っていた陸侊は驪歌が始末する。

荊州。

霍雲が何者かに殺された。

謝家。

謝仲の葬儀が行われる。

実家に戻った謝韞之は書斎で木彫りのおしどりの片割れを手にした。

仕掛けを動かすと中から紙が出てくる。

そこには「彭城王に罪を問うてもらう、私は死んで謝罪を」と書かれていた。

謝顥に見つかりかけるが、謝韞之はそれを持ち出し彭城王に見せた。

彭城王府。

沈楓の手に入れた供述書と共に驪歌が戻った。

供述書には「指示され田畑を焼き、民の恨みを引き起こした」と書かれていた。

彭城王は反乱に関与したものをすべて捕らえる。

謝顥も捕らえられ、証拠として盟約書を突きつけられる。

さらに薛逑が沈親子殺害に関与したと白状し、謝顥とのつながりも暴露してしまった。


感想:姿を見せない皇帝

皇帝って出てくるの?すでに登場してる人が実は皇帝でした( ˆoˆ )とかないよね?さすがにないよね?

さてさて、もう誰が黒幕の黒幕の黒幕かは明らかですがまだ出てきてないのでヤブを突かないことにします。

何の恨みがあるのかだけは気になるな。

グダグダ見てきて残り6話になりました。

同じ制作陣の作品なら王女未央のほうが好きかな、あれくらい過激派だとやっぱ記憶にも残るね。

第48話ネタバレ「束の間の団らん」


薛逑(せつきゅう)が沈(しん)氏親子の死の真相を自白し数々の証拠によって謝顥(しゃこう)の罪が証明された。その結果、久しぶりに穏やかな日常を取り戻した驪歌(りか)と彭城(ほうじょう)王は沈家で一家団欒の時を過ごす。だが、荊州で霍雲(かくうん)が殺され、実家に帰ったはずの侍女・紅丹(こうたん)が遺体で発見された件は真相が不明のままだった。そんな中、陳少巽(ちんしょうそん)は思いがけず陸婉(りくえん)と再会し…。

彭城王府。

薛逑は陸婉が見つかったと教えられ、見逃すことを条件に全てを白状した。

しかしそれは驪歌の嘘。

薛逑は恨む間もなく即刻死罪となった。

謝顥も捕らわれ死罪が決まる。

沈家。

驪歌は仇を討ったと霊位に報告する。

沈家には光が戻った。

沈楓と梅綺は急接近し、屋敷の中でいちゃついている。

それを目撃した彭城王は「早く娶れ」とからかった。

知鑑殿。

竟陵王が戻り、霍雲が殺されたことを知らせる。

立て続けに、王府の枯井戸から紅丹の遺体が見つかった。

紅丹は用事があって実家へ帰ると話していたようだ。

それは沈親子が殺された後のこと。

部屋を調べると「私はお姉さまに顔向けできません」と書かれた文が出てくる。

驪歌たちは紅丹が許詹の佩玉を盗んだと気づいた。

陵墓。

孫太妃は寂しそうな陸婉に「お菓子を届けてきて」と命じて送り出す。

牢。

驪歌は謝顥のもとへ。

謝仲が謝顥を家系譜から除くよう遺言していたと明かす。

愕然とする謝顥。

しかし謝仲と霍雲の殺害については無関係だと話した。

竟陵王府。

陸婉は竟陵王にお菓子を届け、孫太妃が二人の息子を恋しがっていると話した。

そして陵墓に戻ると行って立ち去る。

三玖堂。

陸婉はその足で三玖堂へ。

薬を飲んで病の発作を起こし、三玖堂に転がり込んだ。

陳少巽には「商人だった兄が殺され逃げ回っていた」と話す。

彭城王府。

竟陵王は孫太妃が寂しがっていると兄に話す。

彭城王は陵墓へ養母の誕生日を祝いに行くと決めた。

知鑑殿。

皇帝は中軍を竟陵王の手に委ねると勅命を出す。

驪歌は突然の行動を怪しんだ。

牢。

謝韞之は兄のもとへ。

謝家は彭城王の恩情で三族皆殺しを免れていた。

謝顥の妻は子供を連れて実家に戻るという。

謝韞之は幼い頃に祖父の手引で描いた絵を置いて立ち去った。

最後の最後で謝顥は後悔する。


感想:最後の罠

孫太妃の誕生日に彭城王を呼び出して暗殺?

霍雲を殺したのは中軍を竟陵王の手に委ねるため?

なんで竟陵王なの?

ほわ( °o°)???

目的がわからないけど、彭城王と沈家に恨みを持つってことは徐臨と同じように彭城の乱に絡んでるの?

それにしても王子衿は沈家にとどまる気なのかな?

驪歌と彭城王、沈楓と梅綺が幸せ振りまいてる家にいるの辛くない?

しかも自分だけ血縁者でもなく、つながりとなる子供を残せるわけでもないんだよ。

これから老いていく沈夫人の世話しながら一番いい時間を終えた後にはっとしなきゃいいけども。

結婚が全てじゃないので相手を探さなくていいけど、本当に自分のしたいことなりなんなり探すほうがいいのでは。

以上おばさんのざれごと。

次回、49話50話51話はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。