驪妃(りひ)49話50話51話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第49話ネタバレ「震える手」

朝議で手が震え始めた彭城(ほうじょう)王。彼の異変に気づいた驪歌(りか)は体調を心配するが、彭城王は朝臣たちとの宴会に出かけ、そこで王勉(おうべん)を尚書令に任命する。その後、驪歌は彭城王を三玖堂に連れていくが、陸婉(りくえん)を送っていった陳少巽(ちんしょうそん)とすれ違いに。一方その頃、陵墓では誕生日を明日に控えた孫(そん)氏が息子たちの訪問を待ちきれずにいた…。

芳音閣。

少辛は驪歌のために子供のできる薬湯を用意。

そこへ彭城王が来て「覚悟ができたのか」と嬉しそうに話す。

その時、薬湯を持った彭城王の手が震え始めた。

驪歌にバレないようとっさに隠す。

知鑑殿。

彭城王は軍事費を削り治水工事をすべきと考え、臣下と衝突する。

そこで尚書令に竟陵王を任命すべきと進言されるが先延ばしにした。

臣下は彭城王の人柄がかわり起こりやすくなったと陰口を叩いている。

その後、彭城王は王勉に頼み込んで尚書令の席についてもらう。

慈幼院。

驪歌は謝韞之を連れて慈幼院へ。

謝韞之が絵を書くのが上手だと子どもたちに明かし、輪の中に入れた。

謝韞之は笑顔を取り戻し、驪歌に感謝する。

栖霞山。

驪歌は多忙な彭城王を休ませるため栖霞山に別荘を作る。

しかし用意が間に合わず水も薪もない。

彭城王は自ら薪割りをすると申し出た。

そこで驪歌は彭城王の手の震えに気づく。

すぐに三玖堂へ向かった。

沈家の屋敷。

その頃、沈家では家族でワンタン作りをしている。

沈夫人は王子衿に「お父さんの様子を見に行ったら?」と提案した。

王子衿はワンタンを持って実家に戻る。

王家。

王勉は息子 王樺と王松の命日を前に鎧を磨いていた。

王子衿が戻りワンタンを振る舞うが、彭城王の呼び出しがかかる。

三玖堂。

陸婉は三玖堂の外で黒幕と接触。

「言われたとおりにやった」と報告した。

三玖堂に戻ると「陵墓で琴を弾く約束がある」と陳少巽に話す。

陳少巽は陸婉を送っていくことにした。

そこへ驪歌と彭城王が到着し、陳少巽とすれ違ってしまう。

王府に戻り医官に見えるが、療養すれば治ると言われる。

しかし驪歌は陳少巽に見てもらうまで安心できない。

感想:不穏

孫太妃の生誕祭で何が起こるのか。

王勉の恨みは息子二人が死んだことに対するものなのか。

残りはこれくらい?

最終的にハッピーエンドっぽいのであんまり不安にならずに見られるね。

陸婉が死んだ兄のために彭城王の薬?安息香?になにか入れてるのは明らかだけど、何をする薬なんだろう。

手が震えて怒りが抑えられない薬って…?

わかんないことだらけなので次( ˆoˆ )

第50話ネタバレ「誕生祝いの酒」

建康から陸婉(りくえん)が戻り竟陵(きょうりょう)王、彭城(ほうじょう)王、驪歌(りか)も訪れ、孫(そん)氏の誕生祝いが賑やかに催される。孫氏はこの日のために特別に用意していた牡丹酒を振舞い、彭城王と孫氏とのわだかまりは解けたかに見えた。だが突然、孫氏の悲鳴が響き、駆けつけた竟陵王と驪歌は彭城王の手に握られた短刀で刺された孫氏の姿を目撃して…。

彭城王府。

驪歌は体調の悪い彭城王を心配する。

しかし彭城王は「孫太妃との過去のわだかまりを解きたい」と陵墓行きを強行した。

陵墓。

驪歌と彭城王と竟陵王は陵墓へ。

孫太妃は再会を喜んだ。

孫太妃が丹精込めて作った牡丹のお酒が振る舞われ、陸婉の琴で場が賑わう。

孫太妃は彭城王と2人きりで話をする。

体の異変を感じた彭城王に、孫太妃は「めまいと震えがするのでは(*ˊᵕˋ)?」と微笑んだ。

やがて話すことも困難になるという。

すでに彭城王は立ち上がれない。

孫太妃は動くことのできない彭城王に短刀をもたせ、自ら胸に突き刺した。

そこへ竟陵王と驪歌がやってきて犯行を目撃する。

竟陵王は「母上を殺した」と激高。

驪歌は「無実を証明する」と急いで彭城王を連れ出した。

三玖堂。

驪歌は彭城王を三玖堂へ連れて行く。

陳少巽は使われたのは特殊な毒で、牡丹酒を加えると意識が混濁する代物だと話した。

街ではすでに「彭城王が育ての親を殺した」と噂になっている。

ここまで早く噂が広まるということは黒幕がいる証だ。

毒について調べ、噂の出どころを探る事になった。

陵墓。

竟陵王は母の亡骸に復讐を誓う。

豹変してしまった彭城王を見て陸婉はショックを受ける。

そして「彭城王に毒を盛れと命じられたが、私はやっていない…皆を害してしまった」と泣き崩れた。

(やってないことはないと思うんだけど、やってないっていうんだよな)

承休閣。

竟陵王は中軍に三玖堂を取り囲ませる。

驪歌は彭城王が猛毒に侵され昏睡状態であると明かした。

しかし、驪歌がどれだけ諭しても竟陵王は復讐心に捕らわれたままだ。

その時、彭城王が目を覚ました。

「私が殺した法の処分に従う」と自ら捕らわれる。

感想:真犯人は?

え、陸婉は入れてないの?じゃあ毒入れたの誰よ???

毒は入れてないけど「みんなを害しました」って言ってたな…?どゆこと٩( ᐛ )و 

自分の罪を認められないだけの発言かな。

孫太妃のあくどさには引いたけど、彼女のもとにも安息香が届いていたから毒が作用したのかな。

待って!思い出した。

孫太妃が王府を出る時、謝顥が餞別にって安息香を贈ってた。

ということは孫太妃の意志でもあるし、お香によって惑わされた結果でもあるってこと?怒りやすくなってたよね?

いやー、王勉さんここまで何も疑われることなくこれだけ立ち回ってるのマジですごくない?

続きが気になってしょうがないのでやばい時間だけど最後まで見まちゅ(午前3時)

第51話ネタバレ「最後の賭け」

彭城(ほうじょう)王が投獄された頃、陸婉(りくえん)に彭城王の安神香のことを問い質していた陳少巽(ちんしょうそん)が刺客に襲われる。一方、彭城王と孫(そん)氏の確執を示す証拠となる手紙を見つけた竟陵(きょうりょう)王は酒を飲んで荒れる。その後、驪歌(りか)は失踪した陳少巽の行方を追い始め、消滅したはずの朱雀盟が陳少巽を襲ったこと、陸婉が亡き陸遠(りくえん)の妹であることに気づくと…。

三玖堂。

彭城王は自ら捕らわれ連行された。

陳少巽はどこで毒が混入したのか探っている。

そこで陳少巽自ら作り彭城王府に届けていた安息香に触れられる人物を思い出した。

陳少巽は竟陵王府へ。

そこで陸婉を捕まえる。

郊外。

陳少巽は陸婉を連れ出して問い詰めた。

しかし陸婉は「私じゃない!!本当に何も知らないの」と何も話さない。

そこへ朱雀盟の刺客が現れる。

陳少巽は陸婉をかばって捕らわれた。

陸婉は「逆らえば男を殺す」と脅されてしまう。

陳少巽は捕らえられ黒幕のもとへ連れて行かれた。

黒幕は陳少巽に毒を盛り、自我を無くさせる。

彭城王府。

竟陵王は王府で証拠を探している。

騒ぎに気づいた謝韞之が駆けつけ冷静になるべきだと諭した。

しかし、孫太妃が彭城王に送った文が出てきてしまう。

竟陵王に中軍を任せてほしいという文、返事がないので怒らせたのかという文の2通だ。

竟陵王府。

竟陵王はショックで酒浸りになってしまう。

陸婉は豹変してしまった想い人を見て嘆いた。

罪のない人たちが巻き込まれていく苦しみを味わう。

三玖堂。

陳少巽が行方知れずになったまま戻らない。

驪歌は陳少巽が犯人を見つけたため失踪したのではないかと考えた。

そこで彭城王府の薬を調べると毒が入っていた。

空城はそこでやっと陸婉のことを驪歌に話す。

竟陵王府。

竟陵王は皇帝に上奏し彭城王を死罪にしようと考えていた。

その頃、黒幕と接触している陸婉は「陳少巽を死なせたくなければ言うとおりに」と毒を渡される。

ターゲットは竟陵王だ。

驪歌は竟陵王府に乗り込み陸婉に会う。

そこで肩についた夜光粉に気づいた。

それは朱雀盟の刺客しか使わないものだ。

驪歌は竟陵王にも会い「真相と身近な人の本性を知ってから後悔しても遅いわよ」と忠告した。

牢。

竟陵王は兄のもとへ。

証拠の手紙を見せ、皇帝に死罪を求めたと話す。

兄弟の縁を切ると言って立ち去る弟を竟陵王は呼び止めた………

竟陵王府。

空城は陸婉のことを探るため王府に潜入。

陸婉は竟陵王に毒を盛るべきか迷っていた。

取り出した巾着から兄の令牌を出し握りしめる。

空城は令牌のことを驪歌に報告。

驪歌は陸婉が陸遠の妹だと気づいた。

その夜、陸婉は竟陵王に寄り添う。

そこへ朱雀盟の刺客が現れた。

「朱雀盟は皇族を成敗する」

放たれた矢は竟陵王の左肩に刺さった。

矢には猛毒が塗られており、解毒薬がなくては助からない。

陸婉は竟陵王を助けるため黒幕のもとへ向かった。

王家。

王勉は屋敷に戻ると「沈家に戻ったほうがいい」と言って娘を送り出す。

そこへ陸婉が現れた。

「仇は彭城王でしょう?なぜ多くの人を巻き込むの」

同心結びを落としたことに気づいた王子衿は引き返し、その話を聞いてしまう。

そこへ驪歌と彭城王と竟陵王が現れる。

驪歌は全て陸婉を罠にかけ黒幕を暴くための芝居だったと明かした。

感想:ドッキリ大成功

ちょっとまってなんか見たことある…そうあれ…追い込むだけ追い込んで…ドッキリ!?大成功〜( ੭ ˙ᗜ˙ )੭

ふざけてないんですごめんなさい、なんかマジでそんな雰囲気だったの。

騙されたのは王勉なのか視聴者なのか、そんな予感はしてたけど「ほら!?騙されたでしょ!?」って言われるとスン( ˙-˙ )っとなるな。

ここまで暗躍してたのに、三文芝居であっさり見つかるとは…王勉よ油断したな。

残り2話なんだけど、王勉を捕まえたあとに何が起こるんだろう。

次回、52話53話(最終話)はここから!

全話、まとめ記事はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。