最終回!驪妃(りひ)52話53話のネタバレあらすじと中国ドラマオタクの感想|全53話

こんにちわ(*ˊᵕˋ)みるこ(@miiirumu)です!

この記事では「驪妃-The Song of Glory-」のあらすじ一覧とネタバレ全話と中国ドラマオタクの管理人の感想を最初から最後まで書いていきます。

愛と陰謀が絡まり合うスペクタクル中国時代劇( ¨̮ )/お楽しみください。

【全53話】驪妃(りひ)のあらすじ一覧とネタバレと感想まとめ

「驪妃」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

驪妃(りひ)登場人物一覧

  • 驪歌りか…朱雀盟の刺客、徐臨に育てられ陳少巽を兄と慕う、彭城王が親の仇と言われて育ったが身分を知らずに出会い惹かれていく
  • 彭城ほうじょう王(劉義康りゅうぎこう)…武帝の第4皇子、宋の監政(国政を代行する)、病がちな皇帝にかわり政務を執る、新政により民を救いたいと考えている、驪歌ラブ、母は庶族
  • 竟陵きょうりょう王(劉義宣りゅうぎせん)…武帝の第6王子、彭城王の弟、孫太妃の実子、兄を慕い新政に協力する
  • 陸遠りくえん…権勢を誇る宋の奸臣、国を牛耳っている
  • 陸婉りくえん…陸遠の妹、体が弱く純粋な心の持ち主、琴の名手
  • 陸延弟りくえんてい…陸遠と陸婉の父
  • 孫太妃そんたいひ…竟陵王の母、母親を亡くした彭城王を引き取り育てる、その昔 謀をして処罰されそうになるが彭城王がかばい引き取った
  • 沈廷章しんていしょう…沈家の当主、宋が誇る将軍
  • 沈植しんしょく…沈家の長男、真面目で実直で優秀だが兄弟たちには「柱のよう」と言われる、王子衿と相思相愛
  • しん夫人…沈廷章の妻、さらわれた娘 嘉寧を想い心の病になってしまう
  • 沈楽清しんらくせい…両親を亡くし沈家に引き取られた、誘拐された嘉寧のかわりに溺愛されて育つが…
  • 沈楓しんふう…沈家の次男、明るくわがまま末っ子気質、運命に翻弄されたくましくなる
  • 沈嘉寧しんかねい…赤子の頃に誘拐された沈廷章と沈夫人の娘
  • 周正しゅうせい…沈家の執事、元校尉
  • 王勉おうべん…名族の大家 王家の当主、王子衿の父、隠居して酒造りを趣味にしている
  • 王子衿おうしきん…王勉の娘、文武両道、沈植と相思相愛
  • 王樺おうか…王勉の息子、故人
  • 王松おうしょう…王勉の息子、故人
  • 徐臨じょりん…朱雀盟の盟主、孤児を引き取り刺客として育て彭城王への復讐を企んできた
  • 陳少巽ちんしょうそん…徐臨での弟子、ずば抜けた医術の持ち主
  • 阿奴あど…驪歌の妹弟子、拾われた時に身に着けていた腕輪から沈家の令嬢だと判明する
  • 阿綾ありょう…驪歌の妹弟子、陸遠に捕らわれる
  • 謝顥しゃこう…名族 謝家の令息、私欲をもたない祖父に反発し陸遠と手を組む
  • 謝韞之しゃうんし…彭城王の正妃、祖父に育てられ清く正しく美しい精神力を持つ
  • 謝仲しゃちゅう…謝家当主、隠居している、謝韞之を何よりも可愛がる
  • 曽三宝そうさんぽう…彭城王の側近、孤児だったが彭城王に引き取られ出世した
  • 許詹きょせん…彭城王の護衛、曽三宝と仲良し
  • 少辛しょうしん…鋳造所の事件で両親を失う、腕っぷしが強く驪歌の侍女になる
  • 紅丹こうたん…驪歌が後宮に入り引き取った侍女
  • 季恕きじょ…竟陵王に付き従う、丹陽兵を取りまとめる
  • 薛逑せっきゅう…陸遠の側近、陸遠のためならどんな汚いこともする
  • 陸侊りくこう…謝顥の手下、刺客また側近として暗躍する
  • 李成勲りせいくん…沈廷章の一番弟子
  • 春芳しゅんほう…孫太妃の侍女、孫太妃に付き従う
  • 方清ほうせい…崔葛に師事した秀才、彭城王と共に新政のため奔走する
  • 霍雲かくうん…元黒甲軍(陸遠の軍)の盗賊
  • 崔葛さいかつ…彭城王と方清の師、罠にはめられ処刑された
  • 徐子憲じょしけん…沈廷章と共に彭城の乱で戦った
  • 玉煙ぎょくえん…謝韞之の侍女、沈楽清に騙され破滅する
  • 梅綺ばいき…盤谷の首領の娘、父を殺され後を継ぐ
  • 梅牙ばいが…梅綺の父を殺し盤谷を乗っ取ろうとした
  • 盤谷ばんこくの民…宋の国境 九鳳山に住む民族

第話ネタバレ「朱雀盟の盟主」

驪歌(りか)と彭城(ほうじょう)王が陸婉(りくえん)に仕掛けた罠によって、ついに王勉(おうべん)が朱雀盟の盟主で一連の事件の黒幕だったことが明らかに。そこで初めて父親の正体を知った王子衿(おうしきん)はショックを受け、驪歌は逃げる王勉を追いかける。結果、王勉は死罪となり、驪歌と彭城王への疑いが解けた竟陵(きょうりょう)王は謝罪する。こうして宮中も沈家も平和を取り戻すが…。

竟陵王が牢を訪れたときのこと。

彭城王は弟を呼び止め「高祖皇帝は将棋の駒ではなく人の心を読めと教えただろう」と話しかける。

そして狙いは唯一つ、黒幕を暴き出すことだと明かした。

王家の屋敷。

彭城王の罪を認める作戦により、黒幕王勉をあぶり出すことに成功した。

王勉は駒として驪歌を置く場所を間違えたこと、陸婉が情に流されなければ完璧な計略だったことを悔しがる。

そして王子衿を連れ隠し扉の奥に逃げ込んだ。

驪歌はすぐさま後を追う。

その直後、隠し扉が締まり彭城王たちは置き去りにされてしまった。

地下の祠堂。

王勉は王松と王樺、2人の息子の亡骸が安置された祠堂へ向かった。

王勉の陰謀はすべて息子のためだったのだ。

驪歌に問い詰められた王勉は「そのために薛逑を救った」と口を滑らせる。

それを聞いた王子衿は実の父が最愛の人とその父を殺したと知ってしまった。

人が変わったような発言を繰り返す王勉を見て、耐えられなくなった王子衿は自ら首を切った。

驪歌がすぐに駆け寄るが間に合わない。

「驪歌ごめんなさい、父の犯した罪を私が償う」

王子衿は沈植のもとへ旅立った。

「あなたに会いたい、今行くわ」

彭城王たちが駆けつけ王勉は捕らえられる。

竟陵王が屋敷を探り陳少巽を見つけてきた。

しかしいたぶられ毒を盛られた陳少巽は人形のように動かない。

彭城王府。

全ての元凶王勉は朱雀盟の盟主でもあった。

衝撃を受ける大臣たち。

そして真の黒幕であった王勉の斬首が決まる。

彭城王は空席となった尚書令に竟陵王を座らせることにした。

しかし竟陵王は「私情を挟んで罪を犯した」と辞退を申し出る。

彭城王は弟を慰め、再び手を取り合い宋のために尽くすことを決める。

芳音閣。

竟陵王は驪歌に謝罪する。

驪歌は「大切なのは、惑わされても正しい心を取り戻したこと、そして兄弟にさらなる信頼が生まれたことよ」と微笑んだ。

三玖堂。

空城は意識の戻らない陳少巽の世話を続けていた。

驪歌は「今まで私達を世話してくれて疲れたのよ、今度は世話をする番ね」と二人に寄り添う。

すると陳少巽の指が動いた。

どうやら目覚めが近いようだ。

沈家の屋敷。

沈家では沈楓と梅綺の婚礼準備が進められていた。

しかしなぜか梅綺は元気がなく、泣き出してしまう。

そこへ盤谷の民が駆けつけた。

故郷が恋しかった梅綺は大喜びで親戚たちを出迎える。

牢。

竟陵王は捕らえられた陸婉のもとへ。

「母の死を目にして敵討ちを考えた」と陸婉の気持ちに寄り添った。

しかし同じ道を辿らなかったのは驪妃と竟陵王がいたから。

見捨てず真実を見せてくれたからだと語る。

陸婉は行いを後悔し最初からやり直したいと涙した。

竟陵王は陳少巽が発見されたとき見つかった文を渡す。

「これからはそれぞれの道を、会う必要はない思うことも」

陸婉は涙を流しその文を握りしめた。

死罪は免れる。

沈家の屋敷。

驪歌たちに加え竟陵王も沈家に加わり食卓を囲む。

沈夫人は「あなたも息子、食事をしに来てね」と竟陵王に寄り添った。

一家団欒の幸せな時間が続く。

芳音閣。

曽三宝と少辛の婚礼が行われる。

少辛は驪歌を慕って大泣き。

曽三宝も彭城王に感謝した。

2人には子どもたちからも絵が贈られる。

謝韞之が王府に引き取り教育している子どもたちだ。

謝韞之は子供の笑顔が何よりの励ましだと微笑んだ。

庭。

驪歌と彭城王は庭に梨の木を植える。

そこへ皇帝からの密旨が届いた。

それは「監政(国政を代行する)として威信を保たねばならない、驪妃は朱雀盟の一員であるため非難を招く、3日以内に死刑」というものだった…

王勉の供述が驪歌に不利に働いたようだ。

感想:王子衿

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

王子衿のことが心配だったけどそんな最後を迎えるなんて思わないじゃん…自分の人生を生きてほしかった…

沈植のためでもなく、親のためでもない人生を。

はい、弔いの時間も与えられず次は驪歌の窮地です。

ここまで息を潜めていた皇帝が突然出てきて「3日後!死罪!」ってなんですの。もう宋の王は彭城王ですが引っ込んでらっしゃって…?

ここで終わりでいいのに一捻り入れてくる脚本がなんか王女未央って感じだ。

ハッピーエンドはいけるとして、犠牲者が出ないことを祈りますよ。

最終回 第53話ネタバレ「愛を囁く風鈴」

朱雀盟の刺客として事件に関わっていた驪歌(りか)を3日以内に処刑するようにと皇帝から勅命が出される。そこで彭城(ほうじょう)王は必死の思いで助命の嘆願をする一方、驪歌には3ヶ月の休みが許されたので二人きりで旅に出ようと言って旅支度をさせる。そんな中、驪歌は彭城王に、二人の思い出の場所に毎年一緒に風鈴を吊るそうと告げて…。

皇宮。

彭城王は勅命の撤回を求め、雨の中 城門の前でひざまずく。

しかし拝謁さえ許されない。

膝から血が滲み出すほどの時間がたち、彭城王は許詹と曽三宝に支えられ王府に戻る。

芳音閣。

彭城王は着替えを済ませ驪歌のもとへ。

驪歌は具合の悪そうな彭城王を見て不審に思う。

彭城王は「陛下のお加減が悪い」とごまかした。

そして驪歌を抱き寄せると「長年政務に励んできたので3ヶ月の休みをくださるそうだ」とウソをつく。

花園。

彭城王が驪歌のために用意した花園。

驪歌は「これからは梨の木に毎年風鈴を飾りましょう」と微笑む。

満開の梨の木にぶら下がった風鈴を眺める2人。

驪歌は「風鈴があなたを愛しているとささやくわ」と寄り添う。

承休閣。

驪歌と彭城王は2人きりで過ごすための荷造りをしている。

そこへ大臣が押しかけてきた。

彭城王は驪歌にバレないよう「政務」と言ってその場を離れる。

彭城王は「3日の猶予、まだ期限ではない」と大臣たちを止めると再び皇帝に謁見を求めた。

沈家の屋敷。

驪歌は旅立つ前に実家の様子を見に行く。

しかし誰もいない。

三玖堂にも立ち寄るが、そこにも見知った顔は1人もいなかった。

驪歌は次第に異変に気づく。

彭城王府。

彭城王は再び謁見を断られ愕然としていた。

思い起こされる驪歌と出会ってからの楽しい日々を思い起こし泣き崩れる。

彭城王のもとにやってきた廷尉は「私情で法を曲げたと非難されてしまう」とさとす。

彭城王はそれを理解した上で、竟陵王に「今後はお前が皇帝を補佐しろ」とゆだねるような発言をした。

その話を驪歌が聞いてしまう。

驪歌は彭城王の様子がおかしいことに気づいてついたての裏で盗み聞きをしていたのだ。

庭。

その夜、驪歌は庭にろうそくを灯して酒席を用意した。

空にはいくつもの天灯が上がる。

驪歌は別れを告げるように彭城王の顔にそっと触れた。

翌日、彭城王は再び皇帝のもとへ向かう。

そして死刑の勅命が撤回された。

花園。

その頃、驪歌は花園のブランコに座り毒杯を飲み干していた…

彭城王が駆けつけるがすでに驪歌の姿はない。

梨の木の風鈴は1つだけになっていた…

3年後。

梅綺に子供が生まれ沈家は笑顔で溢れている。

彭城王の新政の成果により、多くの民が軍に志願し国境警備の強化も進んでいた。

彭城王は驪歌の作った座布団を何よりも大切にし政務に励んでいる。

しかし、芳音閣に主の姿はない。

花園。

梨の花が満開になった。

彭城王は驪歌との約束通り風鈴をつるす。

驪歌の思いが聞こえる…

「あなたは宋の監政、使命を忘れないで

宋の民は皆 私と同じように幸せを望んでいる

だからくじけないで

私の愛を支えにして民を守るの

それが私の願いよ」

栖霞山。

彭城王は1人栖霞山へ。

そこには以前と変わらぬ笑顔の驪歌がいた…

最終回感想:ハッピーエンドとは

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!(2度目)

ハッピーエンドだと思ってみてたのにまさかのヒロイン死エンド???

ちょっとまってね整理しようね。

彭城王が勅命の撤回を手に入れた時、驪歌は花園で毒杯を飲んだ。

驪歌の亡骸はどこにもないが、彭城王は驪歌が花園にいないのを知って愕然とした。

3年後、彭城王は新政を成功させ政務に励む。

沈家の食事会に出席するが驪歌のことは話題に上らない。

殿下の思いを知れば驪妃も喜びます、という言葉に微妙な表情

1人で梨の木に風鈴を吊るす

栖霞山に驪歌が作った別荘に彭城王が1人で出向く。

白い服を来た驪歌が現れてブランコに乗っている。

「相変わらずまずい」

「だったら食べないで」

彭城王は驪歌を抱き寄せ風鈴を眺める。

これで終わりなんだけど、これどう考えても最後うまくまとまらなくて切り貼りしたでしょ!?

好意的に妄想します٩( ᐛ )و

驪歌は神話の中で生きている女神のような存在で宋のために彭城王のもとに降り立ったが役目を果たして霧散したとか…うるせえ、俺は乙女チックなんだ。

生きている次元が違うから沈家や三玖堂に行った時誰もいなかったとか!

もうめちゃくちゃなんです、言っててわかってるんだけど納得行かなくて。

たぶん実家と三玖堂に誰もいなかったのは、彭城王が全員まとめてどこかに逃がそうと考えてたからだろうな。

彭城王がすべてを捨ててでも驪歌と家族を守ろうとしているのを察したから、国を捨てさせないため使命を全うさせるために自ら姿を消したと。

まあいいや、記憶の中では幸せになれましたから…おしまい٩( ᐛ )و 

全話まとめ記事はここから!

6 COMMENTS

ミルコ

匿名さん、コメントありがとうございます〜(* . .)⁾⁾
その気持とってもわかります、ゴールがあると思って走っていたら突然マラソン大会終わってた!?みたいな気持ちになりました。
中国ドラマはこういう展開があるの、良くないですよね。

返信する
関の弥太郎

中国ドラマはさすが韓国ドラマもとても良いがちゅうごくのなぞ解きドラマの展開世界一面白い今回の麗妃最高最後にもう少し説明欲し、これからもこのようなドラマをお願いします。初めて驚かされたのは、若様に好かれ王妃になるがそれまでの仕打ちを次々と解決して最後王妃に・・・だが王は姫に変わり亡くなるドラマ、たくましい姫の何事件解決には素晴らしかった。ここから中国ドラマに引き込まれました。どうか日本
と仲良くしてください。

返信する
ミルコ

関の弥太郎さん、コメントありがとうございます(* . .)⁾⁾
異国のドラマというのはとても興味深く面白いですよね。
私も驪妃のたくましい行動力が好きでしたが、最後はちょっと残念な終わり方に…
これからも中国ドラマを応援していきたいと思います( ੭ ˙ᗜ˙ )੭また遊びに来てくださいね。

返信する
匿名

もう、胸が苦しく…
あと、少し待てば…
ハッピーエンド祈っていました。

返信する
ミルコ

匿名さんコメントありがとうございます( ੭ ˙ᗜ˙ )੭
全く同じ意見です…
誰も死なない誰も悲しまないを望みながら見ているので驪妃はちょっと衝撃的すぎました…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。