( ¨̮ )/《半沢直樹》独占配信中

【招揺】34・35・36話あらすじとネタバレと感想|愛のままにわがままに

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です

みるこ
みるこ

この記事では、

「招揺」のあらすじとネタバレと感想を掲載していきます。

登場人物まとめ一覧

  • 路招揺(ろしょうよう)…封魔山を守る路一族の娘。
  • 厲塵瀾/墨青(れいじんらん/ぼくせい)…魔王・厲修れいしゅうの子。
  • 琴芷嫣(きんしえん)…玄玉堂。
  • 姜武(きょうぶ)…新山門門主。
  • 招揺のおじいちゃん…招揺の祖父。
  • 袁桀(えんけつ)…北山主。
  • 路十七(ろじゅうしち)…東山主
  • 司馬容(しばよう)…西山主。
  • 顧晗光(こかんこう)…南山主。
  • 洛明軒(らくめいけん)…金仙(神に等しい存在)宗門盟主。
  • 柳蘇若(りゅうそじゃく)…長玉聖主。
  • 柳巍(りゅうぎ)…鑒心かんしん門門主。柳蘇若の兄。
  • 柳滄嶺(りゅうそうれい)…柳巍の息子。琴芷嫣の許嫁。
  • 琴千弦(きんせんげん)…千塵せんじん閣のちの閣主。
  • 梓丹仙人(したんせんにん)…千塵閣閣主。
  • 遅天明(ちてんめい)…望星ぼうせい門門主。宗門の執事。
  • 雄天(ゆうてん)…宿南しゅくなん門門主。
  • 錦繍公子(きんしゅう)…天璇てんせん門門主。
  • 独孤修(どっこしゅう)…南月なんげつ教教主。
  • 唐韻(とういん)…清音せいおん閣閣主。
  • 沈千錦(しんせんきん)…観雨楼楼主。
  • 琴瑜(きんゆ)…玄玉堂同主。琴芷嫣の父。琴千弦の兄。
  • 林子豫(りんしよ)…暗羅衛隊長。
  • 小毅(しょうき)…新山門門徒。
  • 小恩(しょうおん)…新山門門徒。

【招揺】あらすじ・ネタバレ・感想

第34話 門主の帰還

あらすじ

ついに林子豫(りんしよ)は北山主、袁桀(えんけつ)と手を組み、2人は謀反を起こす。同じ頃、琴芷嫣(きんしえん)は柳滄嶺(りゅうそうれい)に改めて昔の仲には戻れないと告げ、鑒心(かんしん)門の再興を果たすよう、励ますのだった。袁桀たちの配下が西山主、司馬容(しばよう)、南山主、顧晗光(こかんこう)を襲う一方、袁桀は九天(きゅうてん)術で衰弱した厲塵瀾(れいじんらん)に決闘を申し込む。しかし厲塵瀾は袁桀に反撃しようとしない。業を煮やし、とどめを刺そうとする袁桀を林子豫が止め、そこへ栖止地(せいしち)から戻った路招揺(ろしょうよう)が現れる。

ネタバレ

塵稷山。脱獄した袁桀と林子豫は北山荘の門徒と合流し謀反を起こす。林子豫は暗羅衛の腹心を呼び出し、従わないものには手を上げた。そして無悪殿に向かうよう命じる。「邪魔するものは容赦なく切れ」

南山荘。沈千錦が目覚め、記憶を失っていなかったと喜ぶ。顧晗光は「私が間違っていた」と沈千錦の手を握った。だがこれから辛い治療が待っている。

同じ頃、琴芷嫣と柳滄嶺は酒を飲んでいる。「鑒心門を再興できる自信はまったくない、白水鑒心剣も見つからない」と弱気な柳滄嶺に「あなたなら鑒心門を再興できる」と力強く励ました。「君は変わったね強くなった」柳滄嶺は以前の関係に戻りたいと思っているようだが、琴芷嫣は受け入れない。

江州。司馬容は暗羅衛を撃退。

無悪殿。乗り込んできた袁桀を阿大が迎え撃つ。九天術を中断した厲塵瀾は袁桀と一騎打ちで戦うことに。「お前は招揺の忠実な配下だから、殺しはしない」

浄池。招揺は血を洗う苦しみに耐えきった。

南山荘。琴芷嫣と柳滄嶺は謀反を起こした暗羅衛と戦っている。「沈楼主の治療中に何かあれば、寒毒が再発してしまう」2人はなんとしても食い止めなければと顔を見合わせた。

沈千錦の治療が無事成功した。「体は元に戻るが、観雨楼の技は使えぬ」と顧晗光は念を押す。琴芷嫣たちのもとへ顧晗光がやってきて暗羅衛を撃退した。

無悪殿。九天術で気を消耗している厲塵瀾を袁桀が殺そうとした時、駆けつけた林子豫が止めた。林子豫は厲塵瀾に駆け寄り「今のあなたの目には私が写っている」と喜ぶ。

栖止地。子游と竹季は招揺を見送った。塵稷山に戻った招揺は急いで厲塵瀾のもとへ向かう。

林子豫は「今あなたの命を救えるのは私だけ」と厲塵瀾にすり寄っている。そこへ招揺見参!「黙れ!白々しい」と厲塵瀾を取り戻す。

「ぶちゃいく君、ただいま」2人は口づけし愛を確かめあった。

その頃、路十七は寄り道して肉まんを頬張っている。千塵閣の門徒は「東山主は豪傑な方だ」と路十七を眺めていた。そこへ民が慌てて駆けてきて「謀反が起きた!路招揺が戻ったぞ!」と叫ぶ。路十七は肉まんを頬張ったまま行ってしまた。琴千弦は「大人になっても赤子のような心を持つお方だ」と楽しそうに笑う。

無悪殿。招揺は厲塵瀾を門主の座に座らせた。「なぜその男を門主と認めるのです、この男では偉業を成し得ません!」袁桀の言葉に招揺は厲塵瀾の功績を称える。そして「愛する人とすべてを分かち合いたい」と宣言した。

感想:琴千弦と路十七

真面目で美しい仏様と怪力純粋娘ちゃんの組み合わせすごい良くない?柳蘇若みたいなのが良妻って呼ばれるとしても、私は自由な女の子が好きですわ。なんで洛明軒に尽くして死んじゃったのよ。ばか!

洛明軒が復活してきたら次の敵はあのおじさんなわけですが、厲塵瀾と招揺なら無敵だよね?だとしたらどういう方向に話が進むんだろうか。

第35話 ひとときの安寧

あらすじ

北山主、袁桀(えんけつ)たちの謀反は失敗に終わり、袁桀は厲塵瀾(れいじんらん)の技に倒れ、林子豫(りんしよ)は姿をくらます。前門主として帰還した路招揺(ろしょうよう)は琴千弦(きんせんげん)と再会し、彼から生じた心魔と姜武(きょうぶ)の因果を知らされる。一方、洛明軒(らくめいけん)亡き後、自身の地位を固めようとする錦繡公子(きんしゅうこうし)は、姜武に手を組むことを提案し、姜武は承諾の条件の1つとして琴千弦を殺すことを要求する。七夕の日、万路(ばんろ)門では皆それぞれが祭日を祝って楽しんでいた。琴芷嫣(きんしえん)は柳滄嶺(りゅうそうれい)と夜市を見に行く。

ネタバレ

無悪殿。袁桀は招揺のあまりの変わりように偽物の門主だと言って襲いかかる。「私が忠誠を誓ったのは本物の路招揺だけだ!厲塵瀾決着をつけよう」厲塵瀾の一撃で袁桀は死んだ。

招揺は門徒の前で「厲塵瀾を万路門門主として擁立する」と宣言。林子豫は「異議あり、今わかったわ、もう1人の琴芷嫣はあなたなのよ」と声を上げた。林子豫は招揺に襲いかかり、そこへ路十七がやってきて招揺を守る。

招揺は路十七をはじめ血殺門に捕らわれたものを救った時、その中に林子豫もいた事を話す。林子豫は「恩は返した」と言い返すが、招揺は「私欲のために恩に背いて門徒を殺した」と批判した。林子豫は逃げてしまう。林子豫を信頼する小艾は言い訳をして暗羅衛に残った。

そこへ司馬容がやってきた。「驚かないのね」と招揺が言うと司馬容は「知っていたんだ」と笑う。路十七が顧晗光を連れてきたので、昔の顔ぶれが揃った。招揺は顧晗光との再会を喜び「様子がおかしいの見てやって」と厲塵瀾の治療を頼む。

今度は琴千弦がやってきた。路十七は「すっかり忘れていた、連れてきました」と自分の手柄のように言った。琴千弦は招揺に話があると言って連れ出す。

琴芷嫣は勝手な行動で招揺を危険な目に合わせたと自分を責めている。柳滄嶺は「君の負い目は共に背負うよ」と慰めた。

池を眺めながら二人で話をする招揺と琴千弦。「剣塚から運び出した理由を教えて」「私の執着が心魔と化したからだ」招揺が遠征帰りに琴千弦をさらい、牢に入れて一晩中眺めた時、琴千弦の心は乱れ心魔が生じたというのだ。

「君の体を素山の氷窟に封印し延命の陣を張った、君を前にして修練し体から心魔を追い出すためだ。心魔は追い出せたがそれが世間の災いに、新山門の姜武となった」

「じゃあ姜武が生まれたのは、私が一晩中あなたを見つめたせい!?」招揺は驚いて声を上げる。琴千弦は心魔のせいで迷惑をかけたと招揺に謝る。招揺は「助けてくれたので貸し借りはなし、でも今後私に不埒な想いは抱かないでね、ぶちゃいく君を悲しませたくないの」と言った。

封魔山 新山門。錦繍公子がやってきて姜武と手を組みたいと言う。姜武は手付けとして琴千弦の首がほしいと要求。だがその前に琴千弦と招揺の噂を流し、世間の信用を失墜させるのが先だと言い出す。

錦繍公子はさっそく講談師を買収して琴千弦が招揺の色香に惑わされたという話を流す。聖人君子の評判は地に落ちてしまった。

塵稷山 清波殿。厲塵瀾を治療している顧晗光は「貴重な薬で治った傷が前より悪化した」と文句を言っている。そこへ招揺が来て「姜武は琴千弦の心魔」と話す。そして「術が使えなくなった、空空丸を飲んだ」と話し診察してもらった。

招揺は術を使うどころか、気を集めることもできなくなっている。2人に栖止地の事を話し、きっと薬の副作用なので時間が出来たら治す方法を探すと言った。

琴千弦は門徒と話をしている。門徒は「万路門の様子は噂と違う、暴力と争いに満ちた血生臭い門派と聞いていますが、田畑で自給自足し、緑に囲まれ生気に溢れている」と報告。琴千弦は「よく感じ取った」と褒めた。

琴千弦は「見つけるべき迷い」があるため千塵閣に戻ると路十七に別れを告げに来る。それを聞いた路十七は「蔵書閣で調べるといい」と勧め数日滞在することになった。路十七は喜び、許可を得るため走っていく。

濯塵殿。琴芷嫣は部屋の入口で、修練を積む招揺を見ていた。「持っていた力は全て失った」と口を開いた招揺に、柳滄嶺は「父と鑒心に変わってお詫びする」と謝罪。「でも許さない消えて」そう言われても琴芷嫣は「許してもらえるまで何度でも来る」と食らいついた。

南山荘。顧晗光と沈千錦は碁打ちを楽しんでいる。「万路門にはお世話になったわ、明日は七夕よみんなに鍋を振る舞わない?」顧晗光は提案を承諾した。

濯塵殿。招揺と路十七が話をしていると厲塵瀾がやってきて「今夜、順安町の夜市に行こう」と誘う。路十七も一緒に生きたいと言うので、厲塵瀾は「早く嫁がせろ」と招揺に文句を言った。招揺は「夜市は諦めなさい、夕食は顧晗光のところで一緒に食べましょう」となだめる。そして「十七にまでやきもちを焼くの?」と厲塵瀾を見て笑った。

順安町。夜市に来ている琴芷嫣と柳滄嶺。琴芷嫣は招揺に贈り物をするという。

感想:袁桀おじいちゃん

かわいそうだね、妻子を殺され、信じた主は人がかわり、野心を利用され死んじゃった。なんとも言えぬ。最後に「男を信じて狭い世界で生きるのかあ!!!」って言ってたのすごい気になる。このドラマ考え方がちょいちょいあれだよね。褒めてる。

招揺はすっかり丸くなっちゃって、喋り方も…うん。

第36話

あらすじ

七夕の夜、沈千錦(しんせんきん)の提案で万路(ばんろ)門では皆で鍋を囲み、楽しいひとときを過ごした。武芸の力を失った沈千錦は楼主の座を清蓉(せいよう)に譲ることにし、柳滄嶺(りゅうそうれい)は鑒心(かんしん)門の再興を誓って万路門と琴芷嫣(きんしえん)に別れを告げる。一方、町では姜武(きょうぶ)と錦繡(きんしゅう)公子の陰謀により路招揺(ろしょうよう)と琴千弦(きんせんげん)のよからぬ噂(うわさ)が広まり、琴千弦の名声は地に落ちつつあった。さらに招揺との戦いから生還した洛明軒(らくめいけん)もまた、虚宗(きょそう)門で着々と体力を取り戻しつつあった。

ネタバレ

南山荘。観雨楼門徒 清蓉は沈千錦に帰宅を促す。しかし、経脈を絶ち術が使えなくなったため、清蓉に門主の座を譲るという。清蓉は「見捨てるのですか」と縁を切り去っていった。

順安町。夜市を見て回る招揺と厲塵瀾。招揺はいつ琴芷嫣ではないと気がついたか聞く。厲塵瀾は「袁桀の杖を受けた時、気迫で気がついた」と教える。さらに話は招揺の首飾りになっている銀の鏡のことへ。それは窺心鏡と言い、持ち主の心や何をしているかがわかるものだと言う。招揺は勝手に気持ちを覗いたのかと怒るが、結局許してしまう。

琴芷嫣に出くわした招揺。琴芷嫣は贈り物を渡そうとするが、講談を聞きに行く男に邪魔をされてしまった。4人も話を聞きに行くことに。そこで琴千弦が招揺を連れ去ったと知った厲塵瀾は怒って講談師の机を壊してしまう。そして噂話をを禁じた。

蔵書閣。置いていかれた路十七は琴千弦と月を見ることにする。路十七は懐から鶏の脚を出してかじり始めた。鍋に誘われたが、厲塵瀾と居る招揺を見るとイライラするので参加しないため夕食にするのだという。だが結局、琴千弦を連れて会に参加した。

鍋を囲んで酒令(お題に沿った言葉を言えないと負け)をする一同。沈千錦は世に2瓶しかない顧晗光の貴重な酒を持ち出し、門徒に文句を言われるが顧晗光がすぐに睨みつけ黙らせた。招揺が負け続け、琴芷嫣は罰の酒を何杯も飲み干し柳滄嶺は心配する。

路十七が泥酔してしまい、会はお開きになる。厲塵瀾と帰っていく招揺を追いかけた琴芷嫣は「あなたが消えて私はうんと自分を責めた、あなたが優しいと知ってる、あなたのおかげで強くなれた、あなたに危険が及ぶとは悪かったわ」と抱きつき謝る。そして鳳凰の刺繍を施した手巾を贈った。2人は仲直りする。

沈千錦は「観雨楼を去ったことに後悔はないが、門徒に対して慙愧の念に耐えない」と柳滄嶺に話した。柳滄嶺は「父も回復してきたので鑒心門に帰る」と言う。琴芷嫣はと聞かれるが、柳滄嶺は首を振るだけだった。

虚宗門。洛明軒は体の傷が回復したようだ。治療終えた江河は「今日は七夕」と話す。洛明軒はそれを聞いて柳蘇若のことを思い出していた。

千塵閣。琴千弦と招揺の噂は素山にも届く。門徒たちはこのままにして置けない、と琴千弦を迎えに行くことに。

塵稷山。柳滄嶺と琴芷嫣が散歩をしている。「あの頃に比べれば君は大人になったし前より強くなった、ここを離れて明日鑒心門に戻るよ。鑒心門を再興することが私の務めだから」翌朝、琴芷嫣は「鑒心門の再興を祈っているわ」と別れを告げ、柳滄嶺を見送った。

新山門。万路門に路招揺が戻ったという話を知る姜武。「厲塵瀾は琴芷嫣を寵愛していたのに?」なにかあると勘付いた姜武は「万路門に行く」と言い出す。

清波殿。司馬容と千里鏡で話をしている厲塵瀾。「林子豫が逃げたので行方を探し罰を与える」招揺のため危険分子を排除しようとする厲塵瀾だが司馬容は苦言を呈す。そこへ招揺がやってきたので司馬容は「会って話がしたい」と切り上げた。

厲塵瀾と招揺に、琴千弦が別れの挨拶に来る。だが意識を失って倒れてしまった。首の傷からまた黒い煙が出ている。顧晗光が診察し、厲塵瀾の背中の傷と似ていて、心魔に関係があるものだろうと推測した。顧晗光は厲塵瀾にも「気がつきているので当分術は使うな」と警告する。

感想:火鍋

みんなで鍋を囲うとはなんとのんきな…中国の鍋だからもちろん激辛なんでしょ?という勝手な思い込みだけど実際どうなんだろう。

現地の火鍋を食べた時、あまりの辛さに大変なことになったのを思い出した。辛いというレベルじゃなかったよ。

一時休息ということで、平和な時間はこれで終わりかな。

次回、37・38・39はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。