🌜【ミーユエ・全81話まとめ】1分でわかる全話ネタバレ・あらすじまとめ❗

こんにちわ( ¨̮ )/みるこです。

みるこ
みるこ

この記事では「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」の各話あらすじとネタバレ・感想を書いていきます。

今回取り上げる「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」は大ヒットを飛ばした中国ドラマの主人公とはちょっとだけ違って、最初に楚王の公女として生まれる所から話がスタート。

未央は元々王女だったけど中国ドラマの主人公たちはみんなそこそこの家柄からその美貌と才覚でメキメキのし上がっていくという印象だったのでミーユエはとても新鮮です。

さらに今まで見たどの中国ドラマよりも古い時代の紀元前4世紀頃ということで衣装の設定などもガラッと変わって…たのしぃ〜!

詳しい情報やキャストはWikipediaで確認してください。

『ミーユエ 王朝を照らす月』(簡体字: 芈月传)は、2015年の中国のテレビドラマ。総製作費58億円。全81話。
秦・昭襄王の生母、宣太后の生涯をモチーフに描いた一代記。蒋勝男の同名小説のドラマ化。

引用元:Wikipedia「ミーユエ」

無料見放題はU-NEXTが独占

今すぐ全話無料で見られる

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

「ミーユエ」第1話「覇星の誕生」

無料公開中の第1話(続きは下のネタバレから)

あらすじ

紀元前338年・しん国。

秦の恵文王は、謀反の疑いと私怨により宰相・商鞅しょうおうを処刑した。

その話はすぐに、楚国にも伝わる。

楚国の大王は「惜しい人材を無くした」と残念がった。

大王が側近と話をしているところへ「覇星が現れた」と星読みの占い師が飛び込んでくる。

大王はすぐに後宮の女官を呼び「懐妊しているものはいるか」と尋ねた。

すると、称号を持つものの中にはいないが、莒姫きょきの侍女・向氏が懐妊しているという。

「楚国が天下の覇者となる日も近い」

大王は期待を口にする。


その頃、莒姫は楚王后に呼び出され虐げられていた。

そこへ王后の侍女・玳瑁たいぼうがやってきて覇星の話をする。

自分の息子・羋槐ミーかいを世継ぎにしたい王后は、医師・氏を脅して覇星が生まれてこないよう手を回す。

摯氏は向夫人に堕胎の薬を飲ませようとするが、莒姫が飛び込んできて阻止した。

その昔、莒姫も王后に同じ薬を使われ子供を失っていたのだ。

莒姫は向夫人の子供が生まれるまで面倒を見ることに。


3ヶ月後。

向夫人に手が出せなくなった王后は、大王に頼み「出産は私の宮で」と言い出す。

出産が始まり、莒姫は締め出されてしまう。

向夫人を助けたい莒姫は朝議に乗り込み「覇星の誕生を見届けてください」と直談判した。

摯氏に命じて子供を殺そうとしていた王后だが、大王が飛んできて手が出せなくなった。

そして覇星が生まれる。

だがその子は女の子だった。

大王は怒り星読みを問い詰める。

すると「覇星が女だったとなると、禍福は不明」と星読みは言う。

星読みは両目をえぐられ追放された。


王后は「禍福がわからないなら、天に任せてはどうか」と大王に吹き込む。

生まれたばかりのミーユエは、かごに入れられ川に流されてしまった。

かごは滝から落ちて水に沈んでしまう。

それを見た向夫人は泣き叫び飛び込もうとするが、そこへ大王と王后がやってくる。

するとどこからか子供の鳴き声が。

ミーユエは少司命の像の下に引っかかり泣いていた。

大王は「運が強い、縁があるようだ」と子供を認めることにした。

そして美しい月夜にちなんでユエと名付ける。


4年後。

ミーユエは4歳、向夫人は大王のいる宮殿を眺めている。

母の気持ちを悟ったミーユエは宮殿に潜り込み、大王に「母上に会いに行って」と頼んだ。

大王はその頼みを聞き入れ、向夫人は久々の訪れを喜ぶ。

ミーユエはじめました

第1話を視聴しましたが、美しい中に個性があっていいキャスティングで、これは最後まで見るぞという気持ちになりました。

ていうか、あのね、楚王は多重人格かなんかなの?

覇星と言われていたのに男でなく女が生まれてめっちゃ怒って川流し!!!(これは王后の策略?)の後に、

楚王

「今宵は月が美しい、公主の名前は月としよう」

は???今殺そうとしとったやないかーい!

と思わず突っ込んでしまったわよ。

その後4年も同じ王宮で暮らしながら音信不通であったにもかかわらず、ひょっこり顔を見せたミーユエの気丈な性格を気に入って向氏をもう一度寵愛って、どうしたの?人格壊れちゃったの?

そんな中で莒姫きょきの美しいこと…惚れ惚れしていたけどなんか見たことあるなあと思ってよく考えたら国生さゆりに似てんだわ。

あっし、あの系統のお顔が大好きでして…

他には宿敵になるであろう王后様も出てきたけどなんか悪役顔すぎてちょっと好きになれませんでした。

今まで出てきた悪役おばさんで腸が煮えくり返るほど見た目ともどもムカついたのはやっぱり未央の雲柔(シツウンジュウ)ですな。

長楽は小物だったなあ…。

子供時代が2,3話続いてからいよいよ主役であるスン・リーの登場ですが今から待ちきれない!

もっと史実を交えて真面目に書こうかなあとも思いましたが、ミーユエの父が楚王であるっていう所から真偽不明らしくってもうどうでも良くなっちゃったのでお話だけを追っかけていきたいと思います。


2・3・4

5・6・7

8・9・10

11・12・13

14・15・16

17・18・19

20・21・22

23・24・25

26・27・28

29・30・31

32・33・34

35・36・37

38・39・40

41・42・43

44・45・46

47・48・49

50・51・52

53・54・55

56・57・58

59・60・61

62・63・64

65・66・67

68・69・70

71・72・73

74・75・76

77・78・79

80・81(最終回)