🌜【ミーユエ・全81話まとめ】1分でわかる全話ネタバレ・あらすじまとめ❗

こんにちわ、みるこです

王女未央から中国ドラマにはまって抜け出せなくなったけど流し見するだけではもったいない情報量と絢爛豪華な世界観、更にツッコミどころ満載な展開にネタバレ感想サイトをはじめました。

この記事では「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」の各話あらすじとネタバレ・感想を掲載していきます。

今回取り上げる「ミーユエ〜王朝を照らす月〜」は大ヒットを飛ばした中国ドラマの主人公とはちょっとだけ違って、最初に楚王の公女として生まれる所から話がスタート。

未央は元々王女だったけど中国ドラマの主人公たちはみんなそこそこの家柄からその美貌と才覚でメキメキのし上がっていくという印象だったのでミーユエはとても新鮮です。

さらに今まで見たどの中国ドラマよりも古い時代の紀元前4世紀頃ということで衣装の設定などもガラッと変わって…たのしぃ〜!

詳しい情報やキャストはWikipediaで確認してください。

『ミーユエ 王朝を照らす月』(簡体字: 芈月传)は、2015年の中国のテレビドラマ。総製作費58億円。全81話。
秦・昭襄王の生母、宣太后の生涯をモチーフに描いた一代記。蒋勝男の同名小説のドラマ化。

引用元:Wikipedia「ミーユエ」

ではここからネタバレなので未視聴の方はご注意を。

独占見放題

ついでにもらえる600ポイントで好きな作品も

「ミーユエ」第1話「覇星の誕生」

サクッとネタバレ
まず、秦の恵文王により商鞅という宰相が馬に5方向から引っ張られて処刑されます。なぜこんな初っ端にいや〜なもん見せるのかと思ったらどうやらこの恵文王という人にミーユエが嫁ぐみたい。所変わって楚国に覇星が現れるが生まれてみたら女の子で楚王ガチオコ。でも川に流しても生き残った強運に「月」と名付けられ育てられます。王后は「楚国は私と子供のものよ!」とユエを始末しようとしますがなかなかうまくいかず、サクッと4歳になったユエは自ら王に会いに行き母との中を取り持つのでした、寵愛ゲット

第1話を視聴しましたが、美しい中に個性があっていいキャスティングで、これは最後まで見るぞという気持ちになりました。

ていうか、あのね、楚王は多重人格かなんかなの?

覇星と言われていたのに男でなく女が生まれてめっちゃ怒って川流し!!!(これは王后の策略?)の後に、

楚王

「今宵は月が美しい、公主の名前は月としよう」

は???今殺そうとしとったやないかーい!

と思わず突っ込んでしまったわよ。

その後4年も同じ王宮で暮らしながら音信不通であったにもかかわらず、ひょっこり顔を見せたミーユエの気丈な性格を気に入って向氏をもう一度寵愛って、どうしたの?人格壊れちゃったの?

そんな中で莒姫きょきの美しいこと…惚れ惚れしていたけどなんか見たことあるなあと思ってよく考えたら国生さゆりに似てんだわ。

あっし、あの系統のお顔が大好きでして…

他には宿敵になるであろう王后様も出てきたけどなんか悪役顔すぎてちょっと好きになれませんでした。今まで出てきた悪役おばさんで腸が煮えくり返るほど見た目ともどもムカついたのはやっぱり未央の雲柔(シツウンジュウ)ですな。長楽は小物だった。

子供時代が2,3話続いてからいよいよ主役であるスン・リーの登場ですが今から待ちきれない!

もっと史実を交えて真面目に書こうかなあとも思いましたが、ミーユエの父が楚王であるっていう所から真偽不明らしくってもうどうでも良くなっちゃったのでお話だけを追っかけていきたいと思います。


第2話・第3話・第4話

第5話・第6話・第7話

第8話・第9話・第10話

第11話・第12話・第13話

第14話・第15話・第16話

第17話・第18話・第19話

第20話・第21話・第22話

第23話・第24話・第25話

第26話・第27話・第28話

第29話・第30話・第31話

第32話・第33話・第34話

第35話・第36話・第37話

第38話・第39話・第40話

第41話・第42話・第43話

第44話・第45話・第46話

第47話・第48話・第49話

第50話・第51話・第52話

第53話・第54話・第55話

第56話・第57話・第58話

第59話・第60話・第61話

第62話・第63話・第64話

第65話・第66話・第67話

第68話・第69話・第70話

第71話・第72話・第73話

第74話・第75話・第76話

第77話・第78話・第79話

第80話・第81話(最終回)