【麗姫と始皇帝・全48話・最終話まで】ネタバレ全話とあらすじと感想|月下の誓い

こんにちわ( ¨̮ )/みるこ(@miiirumu)です!

みるこ
みるこ

この記事では、

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」について

全56話のネタバレ・あらすじ・感想を最終話まで掲載していきます。

中国ドラマファンにはおなじみのディリラバとチャン・ビンビンを主演に迎えた今作。

麗姫を愛する始皇帝をチャン・ビンビンが、国を追われた美しい姫をディリラバが演じると聞いたら、もうドラマティックラブゲロファンタジー史劇を想像するじゃないですか?

それが全く違うんだってよ_(:3」∠)_

ラブ史劇かと勘違いして見始めると、痛い目に遭うという「麗姫と始皇帝」お楽しみください…(不穏)

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜」全48話まとめ

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ ) 1・2・3

4・5・6

7・8・9

10・11・12

13・14・15

16・17・18

19・20・21

22・23・24

25・26・27

28・29・30

31・32・33

34・35・36

37・38・39

40・41・42

43・44・45

【最終回】46・47・48

基本情報

「麗姫と始皇帝〜月下の誓い〜(読み:れいきとしこうてい〜月下の誓い〜、原題:秦时丽人明月心、別名:麗姫伝、英題:The King’s Woman)」は2017年に中国で放送されたテレビドラマ。

張彬彬/チャン・ビンビン、ディリラバを主演に迎え、宮廷を舞台にした愛憎劇が繰り広げられる。

  • 原題:秦时丽人明月心
  • 英題:The King’s Woman
  • 原作:秦时明月前传
  • 製作年:2017年
  • エピソード:全48話
  • 主演:チャン・ビンビン、ディリラバ
  • ジャンル:古装
  • 時代:秦

あらすじ

公孫家の娘 麗は2人の兄弟子と共に、衛の総帥である祖父 公孫羽のもと剣術の腕を磨いていた。

麗は偶然に少年時代の嬴政を追手から救い、嬴政は麗を見初める。

美しく成長した麗は秦軍から追われていたが、共に逃げていた二番兄弟子 荊軻が麗の前で負傷。

麗は、荊軻の命を救うため、負った傷の解毒薬と引き換えに嬴政のいる秦宮に入る。

荊軻への気持ちを押し殺して。

しかし、麗はひそかに荊軻の子供を身ごもっていたのだった…


【麗姫と始皇帝】登場人物

予告

配信

DVD


【全48話】「麗姫と始皇帝」あらすじ・ネタバレ・感想

「麗姫と始皇帝」ネタバレ一覧はここから( ˘ω˘ )

第1話「約束」


衛の濮陽(ぼくよう)統帥である公孫羽(こうそんう)は、剣客の蓋聶(こうじょう)から秦による濮陽侵攻計画を知らされる。弟子の韓申(かんしん)と荊軻(けいか)に城内の民と孫娘の公孫麗(こうそんれい)を託した公孫羽だが、秦軍との死闘の末に命を落とし、濮陽は陥落する。同じ頃、元服した秦王エイ政(えいせい)は実母である太后(たいこう)の情夫、ロウアイの謀反を制圧するも、当のロウアイは取り逃がしてしまう。そして呂不韋(りょふい)の反対を押し切り、謀反に加担した罪で母親を幽閉する。そんなエイ政は幼少の頃に出会った麗と荊軻を忘れられずにいた。

ネタバレ


感想

第2話「邂逅」


親政を開始したエイ政は、ロウアイを捕らえるため洛陽(らくよう)に出発。そこで、男装した公孫麗と荊軻と出会い意気投合する。その後、呂不韋の謀略の真相を握り、ロウアイの身柄拘束にも成功する。魯勾践(ろこうせん)を尋ねに出発しようとした矢先、荊軻は鵠落(こくらく)剣法の剣譜(けんぷ)を狙う丹頂門(たんちょうもん)一派に襲われ、魯勾践に助けられる。一方、酒場でエイ政と再会した麗は、ロウアイの残党に刺されてしまう。手当てした医師から麗が女だと聞かされたエイ政は、麗の胸元に見覚えのある玉佩(ぎょくはい)を見つける。

ネタバレ


感想

第3話「亀裂」


秦で乱が勃発。呂不韋は華陽(かよう)太后に成キョウ(せいきょう)の野心を試す機会になると説得、乱討伐のため成キョウの出陣を認めさせる。衛王府で、エイ政は麗が幼少時の命の恩人だと知る。秦王だと明かさぬままその場を去ろうとするエイ政に、その心を察した衛王は麗の肖像画を献上する。成キョウは趙の嘉太子(かたいし)から先王の遺志は自身の立太子だったこと、呂不韋の謀略により実母が殺されたことを吹き込まれ、兵を率いエイ政に王位を譲るよう迫るのだった。

ネタバレ


感想

次回、4・5・6話はここから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。